読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奇妙な店のはなし

中京圏喫茶店見聞録 京都カフェ日記

f:id:zex:20151206111858j:plain

自転車で散歩していたとき、ん!・・・あの店気になる。

その建物から異様なオーラが出ていた。

 

f:id:zex:20151206120743j:plain

これは、喫茶店なのか?ちょっと早いけどランチにでもするか

f:id:zex:20151206120719j:plain

この建物、リアルのに古いな。古く見せかけた建物じゃないな

f:id:zex:20151206120650j:plain

入り口にウサギの人形が

f:id:zex:20151206120656j:plain

『南フランス風 喫茶レストラン』

そこ南フランス料理レストランでよくない?

f:id:zex:20151206112552j:plain

店に客はいなかった。まぁ11時過ぎだからランチには少し早い

なんか不思議な雰囲気がある。誰もいないのかな?

すると店の奥から、店員の声がした。『いらっしゃいませ、お好きな席へ』

座って待っていると、足が不自由な老婆が、ブリキの兵隊みたいなカクカクした動きでやってきた。ここの店の店員のようだ。

(こんな年寄を働かせて本当に大丈夫だろうか?このお店)

奇妙な事に、この店はこの店員以外人気がしない。

「サービスランチのハンバーグをお願いします。」

「はい、ただいま」

その店員の後ろ姿をみていると、私は地雷を踏んだのじゃないかと不安になってきた。

f:id:zex:20151206113605j:plain

サラダとスープ

「スープは熱いのできをつけてくださいね」

味は悪くない。サラダは、酢と胡椒だけのシンプルなドレッシング。懐かしい味だ。昔の洋食屋のサラダはこういう感じだった。

f:id:zex:20151206114157j:plain

僕はハンバーグを食べた。

凄くやわらかくておいしい!!

このハンバーグ、火の通し加減が絶妙なのだ。かなりの出来がいい洋食だ。鉄板の上でカリカリに焼けばいいという、間違った見解のパサパサなハンバーグとは違う。

(あのばあさんだけで作っているのか!?)

f:id:zex:20151206115116j:plain

「デザートをお持ちしました。今日はチーズケーキです」

コーヒーも美味い・・・

ケーキも手作りだこれ。くど過ぎず、家庭で作った感じのちょうどいい仕上がり。

 

僕は呆気にとられた。多分あの老婆、全盛期は名シェフだったに違いない。そう僕は感じてきた。今も十分美味しいですが。

 

そうこう食べていると、正午ぐらいになり、客が徐々に入ってきた。

(なんだ結構人気の店なんだ)

安心もしたが、心配にもなった。あんな足が不自由な状態で働こうなんて・・・そんな明らかに弱弱しい老人を働かせている感じに気が重かった。ランチタイムの混雑を回せれるのだろうか?

たぶん手伝いの人が、本当はいるはず。そう信じて僕は店を出た。

 

南フランス風 喫茶レストラン うさぎ

【住所】 名古屋市西区平中町28

 

何故かグーグルマップにも載っていない。もしかしたらあの店は幻かもしれません。