そういえば神戸以外であまりみないもの

そういえば神戸以外であまりみないもの
地元目線で書いてみました

1.縁日のサザエのつぼ焼き
初詣、えびすさん等の屋台であたりまえに出ているが、神戸以外で見たことない。ちなみにサザエは殻だけで中身は別の貝という噂がある。神戸人はなぜか貝が好き

正確には大貝の貝焼きだそうです。

www.kobe-np.co.jp

 

2.きれいな韓国料理店
”きれいな”という表現は語弊があるかもしれない。居酒屋系、焼肉、B級グルメ以外の韓国料理を出す店。高級中華料理店の韓国版みたいのもの。タッカンマリとか水キムチとかが食べれるお店。

3.ピロシキとロシアの庶民的な料理
白系ロシア亡命者の末裔、その縁者が残した微かな文化。東方正教会の寺院があるので古いロシアコミュニティが未だに存在する。モロゾフゴンチャロフなど洋菓子の発展に貢献したが、ロシア料理はあまり日本に広がらなかった。ピロシキはファーストフードとして良い食べ物です。

4.中華料理じゃない台湾料理の食堂
おなじみ丸玉食堂のことですが、純粋な台湾料理とも言い難い。ローメン、腸詰めなどがその名残。中京圏の郊外で見る台湾料理とか書いてる店はまず台湾料理は出てこない。

5.古臭い洋食とインド料理
オムライスにハンバーグ、しっかり仕込まれたデミグラスソース。別に今やコンビニでも十分満足できるが、かつては高級食だった。昭和初期のレシピを守っているので、現代人が食べると特別感動はしない。ノスタルジックに浸ってほしい。
インドカレーも、最近ネパール人がやってるインド料理屋では見たことないもの。古来の船乗りから伝わったレシピなのでインド料理であるかも定かではない。

以上
ちなみにわざわざ食べるに値しないものは、洋菓子と神戸牛

12月22~24日3連休の中年日記

f:id:zex:20181227221614j:plain

 

2018年12月22日 連休初日

朝は走ろうと思ったが雨だった。

そこで、少し残った冷ご飯と日清焼そば(インスタント袋麺)で適当なそばめしをつくる。あまり健康的な朝食とは言えない。

掃除をして、洗濯をする。

続きを読む

嵐の戦い(キャノンボール参加の記録)

f:id:zex:20171107211556p:plain

先日の台風の中、僕は山道を走っていた。手足の末端は痺れ、靴は靴下まで救いようもないぐらいぐちょぐちょ。このままだと足底にえげつない豆が出来る可能性もある。

久しく忘れていた酷さ

自然と僕の頭には

機動戦士ガンダム第08MS小隊 嵐の中で輝いて

がずっとリフレインしていた。

 

続きを読む

キノの旅が再アニメ化

僕が学生時代好きで読んでいた小説だが、またアニメ化されるらしい。コアなファンは結構いるものだ。この作品の良さは観終わった後の不思議な『余韻』につきる。
 
しゃべるバイクのエルメスと旅をするキノの話
 
”一つの街に3日だけ滞在する”というルールは現実世界で僕もよく活用する。トラウマのように思い出す話がいくつかある。
 
”人を食った話”の後味の悪さというか謎の余韻はすごかった

 

 

 ”優しい国”の最後は、いつもクールなキノが少しだけ「それはエゴだ!」と感情的になるのは印象的だったし、悲しいとか怖いとかそういう感情ではなく、不思議な余韻で涙が出たのを思い出す。

OVAはよくできていたけど、TVアニメではどうだろうか? 

 

 

龍狩りとクジラ狩り

先日、クジラ漁に行った人の話を聞いた。

ちょうど先日テレビ番組「クレイジージャーニー」でクジラ漁の取材や映像をとっている回があった。

TVで紹介されていたインドネシア東部のレンバタ島にある「ラマレラ村」のクジラ漁の映像は、うまくまとまってあって人を惹きつける十分なものがあり”すごい映像”であった。

 

でその話を、実際北極海のクジラ漁に参加している人にぶつけたところ、クレイジージャーニーの石川氏と知り合いらしく、その人の意見からは、北極海のクジラ漁とくらべると心を打つものがなかったということだ。

 

石川氏は尊敬しているが、目に焼き付いた極寒の白と青の世界で行われるクジラ漁の神聖な何かは、インドネシアのものより数倍、映像が強かったということだ。

 

生で話されるクジラ漁の話は僕の心の底をも震わすものがあった。

 

その後、たまたま最近人気上昇中の”空挺ドラゴンズ”を呼んだ。飛空艇に乗って龍を狩る話だがとても面白い。まんまクジラを龍に置き換えてやってる感じだが、

しかし、生のクジラ漁の話を聞いてしまったせいで、僕にはなんか物足りなくなってしまった。その話をきいてなかったらとても興奮していただろう。

しかし、面白い漫画であることは確か、この作者もたぶんクジラ漁をずいぶん参考にしたんだろうなと思う描写がたくさんあった。この作者さんこそ、ぜひ生でクジラ漁を見に行ってほしいと思うのであった。

 

たぶんもっと面白い作品になるだろう。

漁以外の話では、飛空艇は往年のラピュタのタイガーモス号を彷彿する感じが男心をくすぐります。

 

 

 

旅人の果て

f:id:zex:20170709092727j:plain

昨日、旅人の話を聞いてきた。

 

 

正直最近、旅人とか名乗るイベントから遠ざかっていたが、偶然だがそこに集まったのは”レジェンド”と称される人物ばかりだった。

 

 

かつて、”旅行人”というひどくマニアックな旅行雑誌があった。廃刊したが、そこに寄稿していたのは一流の旅人であり”一流の旅作家”ばかりであった。例えば、椎名誠高野秀行グレゴリ青山等々。有名無名あわせて”レジェンド”と称するになんら異議がないメンバーばかりだ。

 

 

先日はどの方もクセのありそうな、旅人の中”田中真知”氏がいた。旅行作家であり、ザイール、コンゴの川を走る幻の船「オナトラ船」を明らかにした実績をもつ氏の話を聴き、対話してきた。

 

 

インターネットも情報もない時代に身一つで暗黒大陸に行くには、生で聴くと鳥肌が立つ(というかゾッとする)。それは漫画のHUNTER×HUNTERみたいな話だ。

 

とここまではいい話だが、以下の話はそんなレジェンドクラスの作家はともかく、50代の旅人の所感である。

 

50代の旅人と話していると、堅気から離れて何十年も経っているせいか、話し方や反応がちょっと癖がある。そして、ゆるぎない意志の硬さが見え隠れする。この硬さは一般社会の50代でも見られるもので、良く言うと

 

孔子「子曰く、吾十有五にして学に志す、三十にして立つ、四十にして惑わず、五十にして天命を知る」というところだ。

 

悪く言うと頑固である。

50代の旅人の中には、誰に言われることもく、それが間違っていると指摘されようが、まったくおかまいなしなところがある。一種のタチの悪い開き直りがあることもある。

 

なんて言うか、道を外れてもう引き返せない事を天命で知ってしまったせいで、えげつないくらい開き直っている。何を言われようが、思い込んだ己の感覚を大事にして盲進するだろうと思う。

 

それを、否定されるといままで積み重ねてきた存在意義が揺らぐので、笑っているがその目はヤバいくらいマジだ。特に女性の年配旅人がかなり迫力がある。僕はちょっとその感覚に恐怖すら感じた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泊まれる写真館トルボット ~これから始まるゲストハウス~

f:id:zex:20170701153853j:plain

かつて京都に空間をゆがめるゲストハウスがあった。そこに入るよルイスキャロルの”アレ”のように異次元空間に落とされる錯覚を受けた。

黙っていても宿泊客がやってくる京都、しかしその絶対的な観光資源に安住することでなく”楽しさ”を追求するゲストハウス。それが”パンとサーカス”改め”トルボット”である。

「商店街の振興をしたい!」そう楽しそうに話すオーナーの笑顔が印象的だった。

三条商店街は観光資源がある場所というより、庶民使いの商店街、京都駅や清水寺から離れた場所にあるが、自転車が行きかういい感じのゲストハウス。

1Fに開放的な立ち飲みスペース
ななめ向の筋を入るとすぐ銭湯がある

トルボットは京都の普段を楽しむ素敵な匂いがした