読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近の神戸は西海岸化している(日記)

日記スタイルの記述です
 
久しぶりに神戸を散歩した。まとめていうと。最近の神戸はポートランドの西海岸あたりを意識したスタイルが急激に増えた。例にすると、小さい規模のおしゃれで特徴をだした個人焙煎の豆や、種類豊富なアレンジビールを出す店が多かった。
 
 
簡単なログは以下の通り

 

 

1.朝、犬と海岸を散歩する

f:id:zex:20160408085718j:plain

 今日は対岸の和歌山が見える。いい天気だ
 
 

2.天気がいい日は坂に上る。

f:id:zex:20160408131531j:plain

 から街を眺めればいいアイデアが浮かぶ
 

3.元町を散歩して、コーヒーを飲む

f:id:zex:20160408144042j:plain

 最近の街のトレンドを肌で感じる。珈琲の個人焙煎屋がやたら増えた。
アメリカ西海岸スタイルのポートランド臭い店が急激に増えた事を実感する。コーヒーは美味しいが、店主曰く「個人焙煎は粗利がいから、みんなしたがる。」のが理由らしい。背景は理解できる。
 

4.座席4席だけのパスタ屋でランチをする

f:id:zex:20160408151538j:plain

f:id:zex:20160408152149j:plain

f:id:zex:20160408154511j:plain

 街を歩けば知り合いに声をかけられる。「いい店を知らないか?」と立ち話。去年できた生パスタの店を勧めるられる。飲食業をやっている人の同業評価は確実だ。

 件のパスタ屋でランチをする。味は確実で小麦粉の旨味があるパスタだった。普通こんな極小規模の店は成立しない。それができ、「構えすぎない質の高い洋食が食べれる」それがこの街の魅力だ。

 

 食後にワインを飲みながら店主と長話をする。元はケーキ屋で働いていたそうだ。なのでデザートのパンナコッタはとても美味しかった。

 

f:id:zex:20160408153005j:plain

「うちはパンコッタ屋だ!」と主張する店主のキャラの立加減がよかった。ワインもパスタも美味しいので、内心(余計なことやめた方が・・・)と思う。よく見るとメニューの隅っこに「しょうゆラーメン・ちゃんぽん」の文字を見て絶句。

 

5.古本屋を物色する

 

f:id:zex:20160408141132j:plain

オシャレな古本屋が増えた

 
 

6.おやつは春陽軒のぶたまんを食べる。

 

f:id:zex:20160408161937j:plain

 

 老祥記の豚まんを食べるのは観光客。地元人は春陽軒。中華味噌の味付けがポイントである。

 

7.ゲストハウスのカフェでワインを飲みながら読書

 

f:id:zex:20160408163559j:plain

「なんで昼から飲んでばっかりなん?」と責められるかもしれないが、理由はワインはコーヒーより安いから。200円やし

 

8.銭湯行く

昼間の銭湯は刺青ばかり

サウナに入ると無地なのは私だけだった。街の至る所に警察が張っているので、逆に不思議と治安がいい。

 

 

9.風呂上りはドイツビールを飲む

f:id:zex:20160408200157j:plain

 古くからあるドイツ料理屋でビールを飲む。燻製ビール、シュレンケルラが珍しく入っていたのでいただくことにした。ゴクゴク飲めないビールだが、一杯で長く楽しめる。

 

10.夜のワインを飲む 

 

 

f:id:zex:20160408214711j:plain

アンチョビトーストは絶品でした。

40代、50代の落ち着いた女性がかっこよく飲んでいるのがいい。店主曰く、さいきん女性の方が飲む人がそうだ。