読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関空から蘭州へ

春秋航空のチェックインカウンターは中国の人でごった返していた。日本人などいない。
お土産満載で、これ荷物全部預けること出来るのかな?と心配してしまう。
見ると、電気炊飯器が目立つ。空気清浄機がよく売れていると聞くが、炊飯器は断トツの人気のようです。

関空から海外へ行くとき、ウイングシャトルを使わず搭乗口に行く。
なぜそうするか?理由は解らないが、なんか毎回関空から海外に行くときの定番になっている。ゲン担ぎみたいなものでしょうか?
あまり知られていないが、ウイングシャトルを乗る少し手前を曲がって、誰もいない通路を進むと、ウイングシャトルに乗らずに先端のウイングへ歩いて行ける。


この客のいない静かな関空のロビーが好きです

飛行機が離陸した。

春秋航空で行われる噂の体操
これが、春秋航空のオリジナルで、着陸する30分ぐらいに始まる。ツボ押しなど中華要素が高くて、面白い
イー、アル、サン、スー
ウー、リュー、チー、パー
と言いながら行うのがなんか新鮮です。

まず途中で上海浦東国際空港に到着。上海までの人はここで降りる。

蘭州へ行く人は、春秋航空のスタッフなのかはっきりよく解らないおばさんの元に集まる。
このおばさんに頑張ってついて行く。入国審査はこの浦東国際空港で行われる。
中国東方航空でも浦東国際空港でトランジットしたが、あちらの方が少し丁寧に案内してくれた。
http://d.hatena.ne.jp/zex/20140107


蘭州まで行く途中の機上から見た風景
日本と変わって果てしない陸地だ。細かくて深いしわのような土地が、日本では見られない地形だ。
黄土高原というやつか
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E5%9C%9F%E9%AB%98%E5%8E%9F

蘭州中川空港に着きました