読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠れ家カフェ

名前はない、看板もない。
しかしこの花屋の奥にカフェがある。なぜかその事実を僕は知っていた。
ある人と歩いていて、偶然見つけた産物でもある。
街は散歩すべきである。このような隠れカフェを探すのはアンテナの貼り方次第である。ネットがで検索しても出てこないだろう。
足で稼ぐだけだ。」


静かなカフェ
夏は今後ここで読書しよう。