読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その1 旅の始まり

上海

僕は嫌気がさして旅に出た。齢24歳 一人旅のデビューとしては実は大変遅い年齢であった。

船で一路上海へ向った。

中国大紀行の予定だったが、上海で沈没という旅の洗礼を受ける。
誇れない恥ずかしいデビュー戦であった。

チベット


齢27歳
神戸の街角で出会った仲間をかき集め、僕らは3人は旅に出た。
当時の最強のパーティーを集め僕らはチベットを目指した。

もちろん簡単にたどり着けた。
よく考えたらあの時の旅が絶頂で気力、体力も最高だった。
僕らは、日本語とフランス語と英語と中国語を喋り、どんな旅のパーティーよりもバランスが取れていた。

そしてウイグル


何も手には残らないものだ。思い通りなどいったためしがないない。
昔、持ち合わせていた冴えた感性など何処かへ消えていったようだ。
嘆かわしい事もある。

今までたどった道を眺めてみれば自分はなぜ旅をするのだろう?

そればかりは自分にも解らない。
本当にわからないのだ。


齢35歳
25歳でできたこと
27歳でできたこと
今はできなくなってしまった。
しかし35歳になって出来ることもあった。

村上春樹氏の言葉を借りれば、”うまくやっていくしかないのだろう”