読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8.『二宮温泉』と『イン ザ ドア ブリューイングの地ビール』

f:id:zex:20151122213045j:plain

このシリーズは基本名古屋の銭湯を紹介していますが、今日は故郷の神戸に帰ってきました。神戸の銭湯と新しくできた地ビール食堂の紹介です。

 

f:id:zex:20151122232538j:plain

二宮温泉、神戸の三宮駅から歩いて行ける場所にある銭湯。街の中心である三宮ですが、この二宮エリアは古い商店街が残るエリアです。いろんな理由から開発が遅れている。僕はこの近辺の北野に住んでいたのでなじみがある温泉です。

 

サウナは別料金、狭い銭湯ですが湯船は二つ、露天風呂には炭酸泉と薬湯があります。なんとオールナイト営業の銭湯だったりします。三宮の夜のお仕事をする人にも愛されている。

f:id:zex:20151122213616j:plain

二宮商店街には、最近できた地ビール屋食堂があります。

f:id:zex:20151122213928j:plain

カウンターの裏でビール作ってます。布引の名水が手に入る神戸では酒造りに向いているのは歴史的事実。なんで今まで地ビールがつくられてこなかったのか謎です。

 

f:id:zex:20151122213045j:plain

300円からSサイズで飲めるので、いろいろ飲み比べてとても嬉しい。

ビールだけでなく、料理もいろいろあります。(すいません酔ってしまって写真なし)

神戸らしい店で僕はホッとする。20代の私を育ててくれた三宮の街はいつきても馴染む。僕の人格形成したのはこの街なんです。

他の街だと『おしゃれ』の一言で片づけられるこの店の内装や音楽も『ああ、神戸だな』とその流れを感じ取れるのです。

 

 

tabelog.com