読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋が肌に合わない理由

これしかない

ローカルヤンキーが多い

これによる。つまり名古屋が嫌いなのでなく、ローカルヤンキーと気が合わないのだ。

愛知県は100%ローカルヤンキーの人意外でも、かなりローカルヤンキー寄りの人が多いからだ。

余所者がローカルヤンキーと気が合わないのは当たり前で、話をしても共通する話題がない。旅人の僕は、つくづくローカルヤンキーと会わない。旅行と言えば”東京ディズニーランド”ぐらしか話題が無い人と話すことなど僕には無いのだ。

 

 

名古屋の大学生と話をして、真面目なんだけど物足りなさを感じていた。大学生だからまぁこんなものかと思っていた。前述のローカル臭さがある。

 

ところが、先日沖縄の女子大生と話したのだが、かなり聡明な回答が返ってきたので目が覚める思いでした。

沖縄基地問題にかるく聞いたのだが、『沖縄の情で押せば流れてしまう左翼的な文化』であることを見事本質をついて説明してくれたのだ。

客観視しないと解らないことなのだ。。彼女は実家は九州だが、客観的に沖縄がみれていて感心した。ローカルの仲間ばかりとつるんでいると、客観視が鍛えられないのだろう。

 

かつて孟子の母親は子供の教育の為に8回引越しをしたらしいが、やっぱり土地の気質は無視出来ない問題だろう。

どの土地も良し悪しだろうかが