読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長野で感じたこと


最近、妙に長野の事が引っかかる。その引っかかる事はなんだろう。まるでひかれるように僕は長野の下諏訪にやってきた。
結論からここにいる人々と交流して理解した。なにか新しい『何か』がここにある。


 非常にあいまいな表現で説明になっていないだろう。ひっかかるとか『何か』とか、まったくもって伝わらない。言葉で言い表せない。いろいろ考えて出てきたのが
『優しさ』である。とてもおだやかでやさしくて、何か考え直させてくれるそんな土地である。



考えるにあたって感じたことは東京からの亡命者が多いことだった。
都会に愛想がつきた人が丁寧に暮らしている。それを裏付けるデータがこれである。

そう長野県は移住者ランキングで常にトップの県なのだ。田舎ぐらしできて、東京までのアクセスもいいから、いざとなれば東京への簡単に出れる。
都会よりも一歩進んだ、新しいライフスタイルやコミニティをつくっているのは明らかだった。