読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

街が僕を認めた

アキラクン!
あ、どうも。
今日は街を歩いていて二人に声をかけられた。


街を歩いて、声をかけられる。知り合いにあう。ふらふら街を歩いてそうなってきたら、街は僕を知っていると言える。


また、ある店で。
「失礼ですが・・・〇〇さんじゃありませんか?」と声をかける人がいる。
「あ、なんだ久しぶりですね。この店で飲んでるのですか?」

「〇〇さんご存じなんですか?」と店の人。
そして、紹介される。

そんなこんなで、知り合いが立体的につながっていって、そして街の人が僕を知るようにな。そんなことが実感できて、街に馴染んできたといえます。

アキラクン!
あ、どうも。
今日は街を歩いていて二人に声をかけられた。


街を歩いて、声をかけられる。知り合いにあう。ふらふら街を歩いてそうなってきたら、街は僕を知っていると言える。


また、ある店で。
「失礼ですが・・・〇〇さんじゃありませんか?」と声をかける人がいる。
「あ、なんだ久しぶりですね。この店で飲んでるのですか?」

「〇〇さんご存じなんですか?」と店の人。
そして、紹介される。

そんなこんなで、知り合いが立体的につながっていって、そして街の人が僕を知るようにな。そんなことが実感できて、街に馴染んできたといえます。

アキラクン!
あ、どうも。
今日は街を歩いていて二人に声をかけられた。


街を歩いて、声をかけられる。知り合いにあう。ふらふら街を歩いてそうなってきたら、街は僕を知っていると言える。


また、ある店で。
「失礼ですが・・・〇〇さんじゃありませんか?」と声をかける人がいる。
「あ、なんだ久しぶりですね。この店で飲んでるのですか?」

「〇〇さんご存じなんですか?」と店の人。
そして、紹介される。

そんなこんなで、知り合いが立体的につながっていって、そして街の人が僕を知るようにな。そんなことが実感できて、街に馴染んできたといえます。