読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中毒性のある声

週末からずっと相対性理論を聞いているのだが、この作品まるで数学の公式のような造りだ。

 さいきん、やくしまるえつこにハマってしまった。いまさらなんですけどね、すごいんですよ声がまるで力が入っていない。一昔前歌手では考えられない完璧なる脱力。たぶんライブはまた別なんだろうけど、問題は詩の韻がすごい。自分で歌詞をつくっているからだろうか?歌詞の言葉そのものに意味は無いように思えて、なぜだか凄く意味がわかる。強く言われるわけでもないけど、心に残っていしまう。歌と言うより情報の塊、のような、ちょっとした波動のような
なんとも筆舌に表しがたい何かだ。


宇宙の音のような気がする。東京発宇宙行きバンドという、よくある変なノリのバンドと当初バカにしていたが、聞き入るとこれはすごい。同じフレーズを連呼しているように見えて、伸ばしたり切ったりと表現のニュアンス凄く変化させている。言葉が躍っているというか遊んでいる。