読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その12


前回から飛ぶが、なぜか俺は、バングラ人の兄ちゃんたちとバトミントンをしていた
何故か?
話せば長くなる





バングラのイケメン兄ちゃんたちのリキシャに乗せていただくことになった私。
彼らといろいろな会話をした。その雰囲気から、どうやら高等教育を受けたらしい受け答えが感じられた.。
いろいろと話しているうちに、明日はどうするの?
ああ、明日ねセントマーティン島に行くつもりなんだ
おー偶然だね。私はセントマーティン島へいく船のマネージャーをしているんだ。せっかくだうちへ招待しよう
あれよあれよと言う感じで、彼らの家にご厄介になることになった。
それからはテクナフではおんぶに抱っこって感じ何事もお世話になる。


左:シャザーン
右:ラフーン