巣鴨

巣鴨で降りた
用など無かった
何となく降りただけだった

そこには、アジアのけだるい残り香がかすかに漂っていた。