読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セブンイレブン

神戸カフェ日記

ただほど高いものは無いというが、セブンイレブンを使ったセールス戦略はなかなかですね。

例の簡単エスプレッソマシンのネスカフェのドルチェグスト。パンを買った時にコーヒーを提供していただいたので、その分私なりに評価いたしましょう。

スターバックスと変わらないでしょう?」
「あらほんとねぇ」と隣のおば様
(うそだぁ)

残念ながらその問いにはNOだ。それはスタバの女の子に言ったら多分悲しい顔をするね。
コーヒーはともかく固形の脱脂粉乳をカートリッジでつかうラッテマキアートはいただけない。泡がいかんせんスチームで立てたクレマとはまったっく違う荒いしコシもない。試飲にエスプレッソも飲ませてくれないとよくわからないなぁ。カフェルンゴに関しては可もなく不可もなく。

なんだかんだと言いながら・・いろんなセブンイレブンでここぞとばかりにタダ飲み。確かに誰がつくっても再現性が高い。

しかし評価すべき点は機械の造りだらろうな。
この方式だと、使用者の腕によって出来るカフェに品質差がまったくでない事だ。恐ろしく簡単でメンテナンスがほとんどいらない
しかも既存の豆を用いないカートリッジ方式にわざわざした効果は大きい。利点を最大限に生かしている。
インスタントコーヒー<コーヒーメーカー<ドルチェグスト<業務用エスプレッソマシン

企業としても、専用カートリッジを作るのは英断だったかもしれない。セールスの流れによって大きく左右する。だからこのマーケティング戦略なわけだが


コーヒー自体は誰が作っても一定の品質が保てるところに価値がある。
1杯単価50円+原価償却
コスト一杯200円と見るか?ん?思ったよりも高か・・・
機体値段10000円なら買おう


どっちにしても1杯200円だろうが300円だろうが価格的価値が購入を決めるのではなく、自分の生活延長上にエスプレッソのあるライフスタイルが創造できるかでしょう。

私は部屋はネスカフェゴールドブレンドたっぷり牛乳入りでいいや