読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山手を見て考える

神戸自転車生活


最近は東エリア探索強化を当たってます。最近わかった収穫として
新神戸から王子公園ってかなり近いのね。元町に出るのと同じぐらいでいけるな・・東行きの原田線に乗るとすぐだ。


 わけあって阪急六甲の北側エリア通称山手を自転車で押しながら今日は来た。そういえばここって。おかしい


 ふしぎなことだが、三宮でいろんな人にあって誰一人として六甲から西宮までのエリア出身者、住居者に会った事が無い。

 不思議だが全ての友達の友達という浅い関係や店の人などを洗っても行き着かない。そういえば、だから東エリアに関してゼンゼン意識が向かなかったんだ。神戸で仕事したり遊んでいたりする連中の家を列挙していくと、春日野道、北野、ポーアイ、神戸、兵庫、湊川、長田、すずらん台、須磨、名谷、垂水、明石、加古川伊川谷。95%が西側エリア出身者。かくゆう私も西側エリア出身だから類は友を呼んでいるのだろうかも知れない。が、関係の広がり方にランダム性を持って考えて、誤差を差し引いても、まったく誰一人つながらない。というよりあの近辺の山手貴族と我々西側に住む下民と接点を持つ事はないのでないだろうか?彼ら彼女らは自分の身の回りの山手にある店を使い、あまり下界の繁華街には下りてこないし、東京のセレブなんかとは種類が違うぐらい関西にはヒエラルキーが未だに存在することを書庫の王に聞いたことがある。


 あの付近の海星女学院高校、神戸高校、六甲高校と進学の意味合いの強くて歴史がある高校や、神大がある。バカや貧乏人には縁が遠いエリアでもある。イメージとして頭のいい学生と山手に住む金持ちのエリアである。 
大学時代はまったく神戸にかかわりを持ってなかったのでしょうがない。しかし、微妙な違和感を感じるぞこの近辺は。金持ちのエリアといっても、白金台とか田園調布とかいったことはあるけど、それとは少し違う何かだ。




うーん、見ただけで何なのかわからない店

ありえない坂

そして、景色のよさ

要塞みたいだな

ま、一般人はまず来る事は無いし、用もなかなか発生しづらいか。とぼとぼ・・・・・
雪も降りそうだから帰るか

ん!・・・あ!

「いったーぁぁい」
目の前の女の子が、なんにも無いところでこけよった
(お互い目が合う、お互いキマズイ雰囲気が・・)
「だいじょうぶ?ですか?」

「ああ!すいません」

と、ここでで人間関係が・・・
出来なかったですが、彼女はあまりにも気まずいのでそそくさと歩いていきました。


綺麗な子だったね。多分あの子はハーフだ、最近わかってきたが。
いわいゆるエビちゃん系の隙の無い服装だった。さすが山手だね
そのうちいいこともあるさ