読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北野散歩

「ここってなんすかね?水道局って書いてありますけどそれっぽくみえないですよ」
「結婚式場やねん、水道局は移動したよ。再山の水道局と一緒になってねぇ」
「今は、高所給水施設が残るだけだよ。」
「ため池みたいなやつ?」
「いや、ためいけとちゃうなぁ。ポンプみたいなやっちゃ」
「ああ、なるほどね。」
「あんた、なんでこんなところまで上がってきたんや?」
「散歩ですよ、さ・ん・ぽ。結婚式場ははやってんの?」
「この辺多いからねぇ」
「おもしろい自転車やそれ」
「でしょ?かっこだけやけど」


午前中、暇そうにしている警備員のおっちゃんと世間話。
http://www.sola-resort.com/#
(その結婚式)
 おだやかな休日って感じでいい。アジアで旅したとき、よく警備員とか、ホテルのボーイとかとのんびり世間話した。なんいい感じで脱力系で仕事していて。生活感ある話をいろいろしてくれる。


日本はあんまり面白い返事帰ってこなくて、ちょっとがっかりすることあったけど。



いい天気だ、港が綺麗に見える。こんな時は
Bzのtimeが聞きたいなぁ


TIME


こんな晴れた日は 二人で丘に登ろう
港が見える丘に



どんな空が思い浮かぶ 教えておくれ
キスしたい気分さ



何も無い午後の入り江を 行く船をただ見つめていた



どうすれば時が戻る 眩しい太陽の下で
どれだけ涙流れても 静かに海は広がる

残念ながら今日は一人で丘に登ってきました。